1/72 ヴァルケンをスクラッチ! 製作記-その2-

私の使用するアイテムは 主に100均グッズです。

詳細は別記事で 特集を組むつもりですが、とくに重宝しているのが、

左:uvレジン(ダイソー)と 右:uvライト(ワッツ)。

uvレジンとuvライト 100均

おゆまる(ダイソー)。

おゆまる oyumaru

樹脂粘土(ダイソー)と、

樹脂粘土

(※紙粘土ではなく、樹脂粘土です。上記の二つが とても使いやすいです。)

それから、石粉粘土(ダイソー)。

DAISO 石粉粘土

アクリル塗料(ダイソー)と 筆一式(ダイソー、セリア)。

100均のアクリル塗料、筆

他サイトでも紹介していますが、おゆまるは パーツの型取りに 最適のアイテムです。

わたしは ガムの余った容器にお湯をそそぎ、割りばしで おゆまるを温めています。

お湯 おゆまる

グニャグニャになった おゆまるを、原型にムニュっと 押し当てて、冷えるのを待てば 型の完成です。

VALKEN おゆまる 型

この型にドロリとuvレジンを流しこみ、ライトを当てれば 複製の完成です。

実際には、ツマヨウジで気泡を取り除いたり一気にレジンを流しこむと底の方が硬化しなかったりする、といった注意点があるのですが、その辺は またの機会に解説しますね。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

このuvレジン複製は 作業量の減少に大きく貢献してくれますが、デリケートな部分になると すなおにプラ板でスクラッチした方が 早い&キレイに仕上がります。

要は適材適所、ですね。

大雑把な 胴体、四肢、バーニアはレジンに頼り、頭部はプラ板と樹脂粘土を使いました。

ヴァルケン レジン パーツ VALKEN Polyresin

鋳物職人の気分を味わえます。

このあと、パーティングラインとバリを削るため ガリガリと金属ヤスリを 当てていきます。きちんと写真を撮っておけば よかったですね(汗)

この作業が なかなかの苦行ですが、サボると塗装のときに しっぺ返しをくらいます

ちなみに、パーツをつくる際に 関節軸を補強するため しんちゅう線を仕込んでいます。

VALKEN resin

レジンを流しこむ途中で しんちゅう線も封入するだけで済みますから 作業としては いたってカンタンです♪

さらに、背中のバックパックには 100均セリアで購入したネオジム磁石を仕込んでおきます。

VALKEN バックパック

え、なぜかって?

そりゃあ、ヴァルケン好きの方なら ピンとくるとおもいますが、あとあとブースターを装備できるようにするためですよ。

ポリキャップ式でも よかったかもしれませんが、ポリキャップ隠しをつくるのが面倒だったのと、塗装が剝げるのを なるべく抑えたかったんです。

もちろん、ネオジム磁石方式でも塗装剝げが発生することは あるんですが、凸凹にはめ込む形式よりはマシかなって おもいまして。

次記事はコクピットの作成です。

やそろく仙人

内科医です。模型やらTRPGの愛好家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

inserted by FC2 system