1/72 ヴァルケンをスクラッチ! 製作記-その3-

さて、レジンで複製した胴体。

VALKEN resin cockpit

左はゴワゴワして失敗。(←こういうとき、マテリアルが100均だと気がラクですね♪)

右がコクピットを上下に分割したモノです。プラ板で室内製作にとりかかるところなんですが。。。

ここで こだわったのは、

「ゲームのオープニングムービーを再現したい♡」

という欲望です。

スーファミ版ヴァルケンでのオープニングムービーでは、揚陸艦バーシスの格納庫から 出撃するシーンが描かれています。

VALKEN opening オープニング

このとき 上下に展開していたヴァルケンの コクピットが閉まり、機体がゆっくりと動き出す、というロボ魂を揺さぶる 絶妙の演出がなされています。

このコクピット開閉シーン。よく見ると 肩が後方から前方にせり出しているんです。

正確にはスライドしてくる、といいましょうか。。。

そこで、

ぜひとも、このスライド機構も再現したい!

かつ、EGガンダムばりに いかり肩可動もさせたい!

そして、肩関節をしこんで上腕を外転させたい!

無謀にも、そんなことを考えながら ギミックを練りに練りました。

先にコクピット内部を完成させてしまうと、肩周辺のギミック製作に 支障が出るのは明らかでしたから、コクピットの製作は 後回しにしました。

そうして できあがったのがコチラ。(工作過程が前後する写真ですが)

VALKEN 肩 shoulder

どうでしょう。

ヴァルケンの側面装甲内と 背部ランドセルに 丸いプラ棒(ガンプラのKPS製ランナー)をさしこんでみました。

この丸棒と、肩接合パーツとを レジンで一体化させたことで、前・後方への肩のスライド機構と、いかり肩ギミックを両立できました。

VALKEN shoulder

肩可動のクリアランスを確保するために、ちょっとコクピットが狭くなっちゃいましたけど。

◇  ◇  ◇  ◇  ◇

さて、コクピット内の製作は、といいますと。

VALKEN cockpit

ピントがブレていますね。

チマチマとプラ板を貼り合わせて、コクピットシートを つくっていきます。

この工作が一番楽しかったですね。

ヴァルケンってどう操縦するんだろうって 妄想しながらの作業♪

VALKEN cockpit

一応、操縦桿やフットペダルまで つくってみました。

下地用にブラックを塗ったあとの写真だと ちょっとわかりづらいですね。

パイロット視点。

VALKEN cockpit

正面モニターのデザインは、ゲームオーバー画面を参考にしました。

<SFCヴァルケン>の第2ステージで 岩に激突して この画面を見ることになったプレイヤーも多いのでは。

さて、下地を塗る前は こんな感じの構成です。

VALKEN cockpit コクピット

(側面装甲は肩機構の検証で出張中)

天井に導線を張っただけで、グッと情報密度が上がりました。

なお、開閉ギミックは蝶番式にしたのですが、思ったほど開かなかったので このあと変更しました。

単純に 開閉の視点となる部分に支柱をセットしただけで ガバッと開くようになり、拍子抜けするほど アッサリ解決。

VALKEN cockpit ヴァルケン コクピット

これくらい開きます。

支柱としたのは、事務用品のクリップです。

クリップの直線部分を適切な長さに切って レジンで機体背面に接着。

あまった曲がりカドの部分は、コクピット天井に手すりとして接着しました。

側面からコクピットをのぞくと、こんな感じ。

VALKEN cockpit ヴァルケン コクピット

写真を撮り忘れてしまったのですが、このあと 側面装甲と天板との間に0.5ミリメートルくらいのビミョーなスキマができてしまいました。

気にしなければすむのかもしれませんが、ディテールアップも兼ねて側面装甲上部にプラ板をとりつけました。

VALKEN cocpit ヴァルケン コクピット 自作

だいぶ先にすすんだときの写真ですが、コクピット構造はこんな風になりました。

行き当たりばったりの部分もありましたが、割と思ったとおりに つくることができて よかったです。

次は腕のアームパンチ機構と関節部分の工作ですね。

やそろく仙人

内科医です。模型やらTRPGの愛好家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

inserted by FC2 system