速水仁司さん原型! B-CLUB製リアルタイプ武者ガンダムをめざして

武者ガンダム

万代小学校に通うプラモ狂四郎こと京田四郎は、模型秘伝帖-木の巻-を得るべく、茂合岩男との決戦に挑む。茂合が製作した木彫りの龍に対し、四郎の披露した模型は、「妖怪退治にうってつけの」武者ガンダムであった。消しゴム製のボディと鉄球コクピットを備えた武者ガンダムは、茂合の猛攻に耐え抜いて辛勝を得た。

 

使用したマテリアル 1/144 旧HGUC ガンダムマークⅡ

1/144 旧HGUC ザクⅡ

1/144 B-CLUB製 武者ガンダム

コトブキヤM.S.G ウェポンユニット06サムライソード・マチェット

WAVE オプションシステムシリーズ Fハンド角

HiQパーツ ネオジム磁石 丸型2mm

100均uvレジン、樹脂粘土、プラ板、スプリング

武者ガンダムといえば、みなさんはSDガンダムの武者七人衆を 思い浮かべるかもしれません。

わたしもSDガンダム直撃世代ですので、あの赤いBB戦士は大好きです。

でも、今回はちょっと思い出深い、リアルタイプ武者ガンダムを紹介したいと思います。

少しだけですが、春らしい趣向も凝らしてみました。

【PR】
〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

まずは正面から。

B club 速水武者ガンダム

ベースは旧HGUCのガンダムマークⅡ(ティターンズ仕様)を使用しています。

前腕部は、旧HGUCザクⅡのものを ムリヤリつなぎました。

こうしてみると、上半身のボリュームに対して 下半身がちょっと心もとない感じもします。

背面です。

B club 速水武者ガンダム

この武者ガンダム、作り始めたのが2002年か2003年なんです。

製作過程を撮影していないので、この記事でカンタンに 説明させていただきます。

昔から、わたしは オリジナリティのアピールしたがり屋だったんですが、HGUCマークⅡを購入したとき、「ただの素組みじゃつまらん」と思ったんです。

で、カトキ版バーザム、またはバージムを作ろうと思ったんですが、自分の工作力と、当時の忙しさにかまけているうちに、GFFシリーズでバーザム発売の一報が。

とたんに、バーザム熱は冷めてしまいました。

そんな中、地元で有名な老舗のプラモ屋さんで、コレを見つけたんです。

B-CLUB製ガレージキットの武者ガンダム!

B club 速水武者ガンダム

このキットを見つけたときは、思わず棚を凝視してしまいました。

それというのも、コレは幼い時に憧れつつも、「謎の武者ガンダム」だったからなんです。

この本、今も我が家の本棚に陳列していますが、父に買ってもらった思い出の本なんです。

武者ガンダム 本

わたしは、この本を何度も何度も読みました。

破れたりしないよう丁寧に。今も、付属のシールは当時のままです。

で、この手の本にありがちな「読者プレゼント」のページに、このガレージキット版武者ガンダムが。

ガレキ版武者ガンダム

別記事には、B-CLUB東京渋谷店の紹介とともに、やはりこの武者ガンダムの写真が掲載されていました。

幼いわたしには、この武者ガンダムが謎で仕方ありませんでした。

だって、武者ガンダムといえば、狂四郎のリアル等身と、SD版のハズ。

この黒武者は、リアル等身だけど、伊達政宗みたいな前立てをしていて、自分の知る どの武者ガンダムでもなかったからです。

その正体を知ったのは、実はわりと最近です。

それはこのB-CLUB製武者ガンダムを製作された原型師、あの速水仁司さんのTwitterにすべてが書かれていました。

速水さんによると、この武者ガンダムは、コミックボンボン1986年6月号で ZZガンダムの登場を 狂四郎のプラモ軍団でお祝いする グラビア特集に掲載されたものだそうです。

Twitterの内容を引用しますが、当時の小学生でも改造できる内容を、と依頼をされたんだとか。

あとは掲載号の発売時期も端午の節句にちなんだり。

なるほど、スッキリです。

B club 速水武者ガンダム

さて、このガレージキット版、というか速水版武者ガンダム。

当時のガレージキットは貴重すぎましたし、せっかくHGUCでマークⅡが発売されましたから、この武者ガンダム仕立てにしようと決めたわけです。

マニアックすぎて、ほかにマネする変な人はいない と思ったんですねえ。

ハンドパーツはWAVEの市販パーツ。

B club 速水武者ガンダム

このハンドパーツ。保持力がないのが欠点なんですが、2mmのネオジム磁石を仕込んでみました。

手のひらと、刀の柄の部分ですね。

で、ごらんのとおり、ガッチリOK。

手のひらを広げても離れません。

B club 速水武者ガンダム

全体の塗装は、原型と同じ黒にしようか、それともメジャーな武者ガンダムらしく 赤備えにしようか さんざん迷いました。

で、マーブル。

B club 速水武者ガンダム

当時はスプレーを使える環境だったので、黒地に赤いラッカー系スプレーを さっとかけてみました。

燃えるような感じになって、割と気に入っています。

そして、この大袖(肩アーマー)には花模様を!

B club 速水武者ガンダム

サクラではなく、梅をイメージ

B club 速水武者ガンダム

なんで梅かというと、かつての わたしの実家には、玄関前に立派な梅の木があって、毎年かわいらしい花を満開に咲かせていたからです。

サクラでもいいんですが、なんだか遠山の金さんになってしまうなあ、と思って。

兜の吹返(ふきかえし)には、俵屋宗達の風神雷神図を 縮小プリントアウトして貼りつけました。

でも、過度な縮小でドット絵になってしまい、もはや何の図画かわからんですね。

元のガレージキットのポーズ。

B club 速水武者ガンダム

B club 速水武者ガンダム

草摺(くさずり。フロントアーマー)はプラ板で作り、本体とスプリング固定しています。

こうしてみますと、非可動性モデルの場合、ひとつのポーズに特化したぶん、腰のひねりに迫力が出ます。

こういう可動モデルにすると、重みが減っちゃいますね。

神戸市の実物大鉄人28号をご覧になった方、おられますか?

あの原型を作られた方こそ、速水さんです。

ぐっと腰が入り、迫力のあるポージングは速水造形の真骨頂ですね。カンタムロボですらカッコよく製作されちゃう。。。

B club 速水武者ガンダム

どうでもいいことですが、みなさんは、鞘の先端の向きは 上向きと下向きの どちらにしますか?

初期BB戦士は上向きですよね。

つまり、刀の切れる刃側が地面を向き、反りの「峰うちじゃ」の部分は天を向きます。

でも、烈火武者とか、最近のレジェンド版武者ガンダムは その逆の下向きです。

これにはワケがあります(たぶん)。

平安時代から室町時代の刀は、デカい「太刀(たち)」。

戦国時代は、もうちょっと小ぶりの「打刀(うちがたな)」。

で、打刀の場合は、鞘の先端の向きが下向きになるんです。ネットと本で得た知識にすぎませんが。

武者ガンダムが源平時代の武者ならば、「太刀」でしょうから 鞘の先端は上向きになりますが、武者ガンダムの物語は「SD戦国伝」を称するくらいですから、戦国時代に軸を合わせるべきであり、「打刀」に準ずる帯刀方式にしたんでしょう。

もっとも、武者精太は那須与一にちなんだ 弓矢のエピソードがあるほか、彼の鎧は どう見ても源治七領ですから、武者精太の場合は「太刀」に準じた方が 似合うと思います。

B club 速水武者ガンダム

と、そんなこんなで、十年以上放置されていた作りかけプラモが、ようやく完成。

なんとなく、心のどこかにあったくすぶりの一つが 鎮火された気がしました。

でも、この長い年月の間に、マークⅡもザクⅡも、新HGUCとしてリバイブしてしまいました。

造りかけは食べかけと同じ。

改造作例は、一気に作りあげるべきですねw

やそろく仙人

内科医です。模型やらTRPGの愛好家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

inserted by FC2 system