1/72 ヴァルケンをスクラッチ! 製作記-その1-

さて、本サイト第一弾の作例を何にしようかと迷っていたところ、こんなニュースが とびこんできました。

ASSAULT SUITS VALKEN 1(PMAOのHPより)

ピーエムオフィスエー社から、ヴァルケン(ジェイク機)の発売予告がっ!

過去に発売されたキットも 高評価を得ており、コレはぜひ欲しい!

が、積みプラと値段をみて 衝動買いを なんとか抑えました。

それに、<プラモ狂四郎>世代の私にとって ガンプラ基準での 1/144サイズを超えるプラモには ちょっと食指が動かない、という嗜好性もありました。

「あーちくしょう、でも欲しいなーっ」

と思いながら、年末を過ごしたのでした。

年が明けても、わたしの頭のなかにはヴァルケンのことばかり。

ヴァルケン

ハッと気づくと いまやレア本となった<ヴァルケン 公式ガイドブック>を ながめて正月を 過ごしていました(注:後述しますが、とある朗報でレア本じゃなくなりましたネ!)。

玉木美孝氏の描く アサルトスーツ群に心をうばわれながら、ふと思いついたのでした。

「そうだ、自分好みのサイズで 自作すればいいんだ!」

◇   ◇   ◇   ◇   ◇

と、いうことで、

イチからプラ板製作することも かんがえましたけど、いささか積みプラの消化不良に気兼ねしていたため、

「ちょっとサクッと」

と思い。。。

2009年にタカラトミーから発売された<ビデオゲームロボティクス(以下、VGR)>。

VALKEN VGR ビデオゲームロボティクス 1

これを レジンで複製しながら 自分好みに製作することにしたのでした。

ちょっとズルいです?

ちなみに、このVGR版ヴァルケン。1/144ザクと比較すると こんなサイズです。

VALKEN VGR ビデオゲームロボティクス 2

くだんの公式ガイドブックでは、ヴァルケンの全高は5.96メートル

VGR版ヴァルケンは8センチメートル前後なので、1/72サイズといってよさそうです。

(ということは、1/144ザクと同スケールにするなら、ヴァルケンの全高は この写真のさらに半分になるんですね)

さて、このVGR版ヴァルケン。

小さいながらも 非常に良くできているのですが、いくつか モデラ―の挑戦心を誘うかのような 手を加える余地が 残されていて、

1.コクピットが開かない

2.肩関節が外転しない(鳥のマネで腕をパタパタさせる、あの動作のこと)

のです。価格を抑えるためでもあるのでしょうね。

VALKEN VGR ビデオゲームロボティクス 3

余談ですが むかーし、小田雅弘さんがコミックボンボンで パーフェクトガンダムのつくり方を 紹介していましたが、あの製作記事での肩関節も こんな構造でしたね。木材削り出し式の。

さて、ただでさえ複製という ずるっこをするのですから、せめて これら2つをクリアすることを 己の課題としました。ちなみに、販売目的ではありません。

では、次ページから その製作過程を載せていきますが、先に完成写真をどうぞ。

エンディング風に。

1/72 model VALKEN standing 素立ち

コクピットも作りこみました。

1/72 model VALKEN 自作

ひきつづき、製作記事をどうぞ。

やそろく仙人

内科医です。模型やらTRPGの愛好家です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

inserted by FC2 system